五雲陶苑
  GOUNTOUEN  
 
 HOME>京焼・清水焼
進物・引出物

京焼・清水焼とは

その歴史は安土・桃山時代の末であり、その後、江戸時代前期に京焼き・清水焼の歴史に欠かせぬ人物である野々村任清が登場する。
もともと丹波の陶工であった任清は入洛後、茶器を作り、最大の特徴である色絵を完成させ、近世の京焼き・清水焼のような優美な色絵陶器が造られた。

この頃から京焼き・清水焼は一段と活気づき、地方にまで影響を及ぼす隆盛期を迎えた。
さらに任清から直接手ほどきを受けた尾形乾山は装飾性の富んだ絵模様で独自の意匠性を加えた。その後、青木木米、仁阿弥道八などの名工が続き、洗練された精細なデザインと磨き上げられた高度な技法により、茶の湯の普及と共に、京という土壌ならではの華麗なやきもの(京焼き・清水焼)を造り出してきた。

このように、京焼き・清水焼が歴史的な文化を支える伝統産業であることに誇りを感じ、伝統、文化を学びつつ独自の感性で新しい 京焼き・清水焼を造っていきたいと思う。

photo

 

五雲陶苑のご紹介
お知らせ
作品ギャラリー
作家−前田喜代範ご紹介
進物−引出物
京都・清水焼
ブログ

五 雲 陶 苑 -GOUNTOUEN-
〒605-0976 京都市東山区泉涌寺東林町15
TEL 075-561-5205/FAX 075-202-5580

同志社大學体育会レスリング部
同志社大學体育会レスリング部OB会ブログ
三代目 前田喜代範のもう一つの顔です。
どうぞご覧くださいヽ(*^^*)ノ

   
  Copyright